シクロエクスプレスで自転車を送ってみました。

もうすっかり、折りたたみ自転車の話題がなくなってしまってすみません。
今回も、折り畳み自転車とはほとんど関係ございません。

次男が大学へと進学し中国地方へと居を移しました。
引っ越しシーズンの3月なので、実家から荷物を業者に任せるより、引越し先で新たに揃えたほうが安上がりなので、本人は着替えとベース・ギターだけをもって身軽に引っ越していきました。

ようやく新生活も落ち着いてきたのか、次男からのLINEで「GIOS送れ」との指令があり、どうしたものかと調べると「シクロエクスプレス」なるサービスを発見しました。
他にももっと安くで送れそうなサービスもあったのですが、梱包用のダンボールの用意やら手続きがややこしそうだったし、「自転車専用の宅配システム」ならこのブログのネタにもなりそうだったので。

自転車専用の宅配システム シクロエクスプレス

自転車の梱包用ダンボール 3,850円(送料込み)
北陸地方から中国地方への自転車運送料 6,160円(税込み)
————————————————————
合計 10,010円

自転車の梱包用ダンボールがちょっとお高いような気がしますが、往復で利用したりする場合には再利用することができるので、運送料だけなら結構リーズナブルではあります。

利用方法は、サイトの申込から「配送キット+自転車の輸送」を選択します。

  1. 申込者の情報(名前・電話番号・メールアドレス)
  2. 配送キットの配達先(自転車集荷先)
  3. 自転車のお届け先
  4. お送りする自転車について(配送キット数・自転車の台数・輸送保険 約款・手荷物の個数・利用形態(片道・往復)
  5. 配送スケジュール

決済すれば申し込みは終わります。

配送キットのお届け希望日時にダンボールがどーんと届きました。
サイズ横780mm×奥行き465mm×高さ270mm

配送キットの中身は

・外箱 x1
・タイヤカバー用ダンボール x2
・エアチューブ x3
・エアキャップ x4
・取扱注意シール x2
・天地無用シール x2

説明書は2枚入っていました。

詳しい梱包方法はシクロエクスプレスサイトにPDFで説明されています。
梱包方法はこちら(PDF)
配送キットの説明のページにも動画が掲載されています。
配送キット

ライトやベル等は外せばよいのですが、ハンドルの裏側に回しておくだけでも良いと思います。

とりあえず、外箱を組み立てます。

でかい!

サドルを下までさげます。

前後のタイヤを外して、スタンドも外します。

ハンドルを90度切った状態で、ハンドルとサドルが下になるように、上下を逆さまにして外箱に放り込みます。
リアタイヤのギアにはダンボールとプチプチで養生しておきます。

自転車が傷つかないように前後のタイヤを放り込んで、隙間に配送キットの箱を開いて入れたりプチプチをフロントフォークんい巻いたりします。

ペダルを外さなくても何とか入りました。

結構隙間があったので、食料品やら服なんかをダンボールにいれて詰めておきました。

集荷日に佐川のお兄さんが、軽々と運んで行きました。

後日、次男から後輪のはめ方がわからんとLINEがありましたが、このサイトのディレイラーの取り付けを説明しているところを送ったら、なんとかしてました。

無事、乗れているようです。

オンライン英会話レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)