GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)が、やってきた。

長年実家で眠っていたクロモリロードを再生してから、
なぜか、次男がサイクルスポーツに目覚めだしてきて
「俺も自転車が欲しいねんけど。」と、一人前のことをのたまい始めた。
ロードバイクに乗ればというと、もうちょっと気軽に乗れるのが欲しいとのこと。
中学三年生の次男曰く、高校入学の入学祝いを前倒しして貰いたい、そして中学生活最後の夏休みにちょっと遠出したいとのこと。
いやいや高校入学どころか受験もしてないし、そもそも中3の夏休みに遊び呆ける気満々で、高校受験は大丈夫なのか?
その根拠のない自信は一体どこから来るのか分からないが、新しい自転車が来ることは大歓迎なので、予算5万円以内との大蔵省からのキツイお達しのもと選んだのが、「GIOS MISTRAL」(ジオス ミストラル)です。
カンザキバイクで42,000円。
サイドスタンド(2,000円)とフェンダー(5,500円)に送料(5,000円)で、予算を少々オーバーしましたが、無事大蔵省の許可を得ることができました。

ダンボールに詰められてやってきました。
GIOSのエンブレムがかっこ良いです。
出てきました。
フレームサイズは480mmです。
ツボをおさえた良い自転車です。
普段の足乗りにするなら、充分過ぎる自転車です。
ホイールはシマノのロードバイク用(廉価版ですが)WH-R501にタイヤはKENDA 700X28Cが入っています。
フェンダーは通学仕様なのでこの後外されてしましました。
余っていたサイクルコンピューターをインストール。
台座裏側のネジを4本外すと90度回すことができます。
もちろんマグネットは、キャットアイ製です。
まぁ値段なりというところでしょうか。
選択肢としては、十分ありです。

折りたたみ自転車につぎ込んだ金額で、GIOS MISTRALが買えます。
やっぱりバカですね~。

タイヤを700X23Cにして、コンポーネントをSORAに・・・
やめておきましょう。

オンライン英会話レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)