GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)の防犯登録を、近所の自転車屋にお願いしたら、ちょっと嫌な気分になってしまいました。

次男のGIOS MISTRALの防犯登録をしなくてはいけないのですが、防犯登録を近所の自転車屋に頼んだら嫌な目にあったという事がネット上でよく見られるので、県自転車軽自動車商業協同組合まで行こうかとも考えたのですが、防犯登録には自転車本体が必要なので、車に自転車を乗っけて結構な距離を走らなければならないので、どうしようかと悩んでいました。

次男と妻が、近所のおじいさんの自転車屋にいって、防犯登録をしてくるというので任せておきました。
しかし、お目当ての自転車屋さんのおじいさんが亡くなっていて、店は閉店となっていました。
仕方なく近所のバイク屋に持っていったのですが、これが間違いだったようです。

防犯登録をお願いした所、面倒くさそうな店主が自転車の車体番号を確認するのに、手荒に自転車をひっくり返し挙句に一言

「これ中国製か。」

確かにお店からすると、自転車を買わずに防犯登録だけだとか、パンクの修理とかお金にならないことだけを頼みに来るのは客でもなんでもないわけでしょうが、ちょっと酷すぎますね。

こちらも、客でないのは十分承知しているのですが、出先でのトラブルや防犯登録などでは、どうしても自転車屋さんにお世話にならないといけない事が発生してしまうのです。

これは町の自転車屋さんが疲弊して、余裕がなくなっている象徴でもあるのですね。
自転車はメンテナンスサービスも含めての購入が前提となっています。
そうしないと、町の自転車屋さんは立ち行かなくなってしまいます。

安い自転車は、ホームセンターに行けば沢山並んでいます。
町の自転車屋さんでは、そんな薄利多売の商売なんてできるわけがない。
家電でも同じです。

結局安い自転車は、壊れたら修理されることもなく放置されていきます。

自転車も多様化していますし、在庫なんて持てるわけもない。
ブリジストンやミヤタの販売代理店になって、カタログ販売するしか無い。
商売として最早成り立たないところに来ています。

また、自分の欲しい自転車を取り扱っている販売店を、自転車移動範囲内で見つける事はほぼ不可能です。
ましてや、地方でとなると絶望的です。

私は、自転車のメンテナンスは、ほとんど自分でします。
自分の乗る自転車は、故障した時には自己責任で納得できるまでメンテナンスします。
ですので、殆ど自転車屋さんとは関わりを持ちません。
町の自転車屋さんにあまり好印象がないからです。

どこの自転車屋さんも、自店販売車以外の修理は嫌がります。
店側の嫌がる理由もわかります。
顧客にならない自転車乗りは手間がかかるだけ、というのも理解できます。
しかし、自店の顧客も数キロ先でトラブルが起こった場合や、引っ越しで購入店から離れてしまった場合など、購入店とは別の店でメンテナンスが必要となる事態もあるのです。
そうなった時に、自店の顧客が他店で嫌がられる事態も起きるのです。

防犯登録は法律で義務化されています、手続きは自転車店にとっても負担になります。
できれば警察又は他の公的機関でできるようにして頂きたいです。
そうする事が店側・利用者側・管理側にとってもプラスになると思うのですが。

オンライン英会話レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)