DNP SHIMANO互換ボスフリー(7速 11-28T)で7速化にチャレンジしてみた。(準備編)

前回の「細身のタイヤ20×1.35(ETRTO:35-406)に交換したら、走りがガラリと変わった。そして、とめどなく湧く次なる構想・・」で、タイヤを細くしたのとカセット式ボトムブラケットを入れたことで、6速でも踏み切ってしまうので、トップ11Tの7速化にチャレンジしてみます。

フレーム回りに干渉しなければ簡単なんですが、絶対にすんなりとはいかないのは明白です。

DNPのボスフリーギアは、SHIMANOでは絶滅したトップ11Tギアを採用しています。

6速 MF-TZ20 14-28T(14-16-18-21-24-28T)  ※現在付いているリアスプロケット
DNP 11T-28T ボスフリー 7段ギア (11-13-15-18-21-24-28T)


11Tがトップ側に追加されて、6~5速が1枚歯が少ないです。
6速までは、今までとほぼ同様に使えて、7速に11Tでオーバートップが追加されるようなイメージですね。

このトップ11Tについてですが、ギア比で見てみると。
52T – 14T  ギア比 3.71
52T – 11T  ギア比 4.73
タイヤ1回転分違ってきます。

チェーンホイールを60Tにして計算すると。
60T – 14T  ギア比 4.29
60T – 11T  ギア比 5.45
チェーンホイール60Tと14Tの組み合わせよりも、52Tと11Tの組み合わせのほうが、ギア比が高くなっています。

今までの6速+オーバートップ1速と考えたら、実用でも使えると思います。
で、今回購入した部品です。

DNP 11T-28T ボスフリー 7段ギア SHIMANO(シマノ) MF-HG50-7 互換 LY-1107KFN (7速 11-28T) 3,980円


メッキでピカピカです。
いつまで、このピカピカ具合が持つのかはわかりませんが、SHIMANO製の約3倍の価格分は働いてもらいますよ。
変速をスムーズにするために、変わった形の爪やギアの側面に段差が付けられています。

7速化するためにシフターも交換します。
シマノ サムシフターPLUS リア7S インデックス SL-TX30-R7 ASLTX30R7AT ブラック 707円


ディレイラーは、調整でなんとかなるんじゃないかと踏んでいますが、実際のところはやってみないとわかりません。

作業は、この週末にでもやってみます。
どうなるか、乞うご期待!

※追記
やってみました。

DNP SHIMANO互換ボスフリー(7速 11-28T)で7速化にチャレンジしてみたら、結構めんどくさかったけど、効果は抜群快適走行になりました。(7速化編)

今回の出費
部品
DNP 11T-28T ボスフリー 7段ギア SHIMANO(シマノ) MF-HG50-7 互換 LY-1107KFN (7速 11-28T) 3,980円
シマノ サムシフターPLUS リア7S インデックス SL-TX30-R7 ASLTX30R7AT ブラック 707円
———————————-
計 4,687円

工具
0円
———————————————–
計 0円

今回の合計 4,687円
トータルの出費 52,712円 (部品 45,997円/工具 6,715円)

5諭吉超え~・・・。

黄色のレッツ4(鈍足スクーター)「ひよこ号」で遊ぼう!

鈍足スクーターSUZUKI レッツ4 (UZ50DL2/形式 JBH-CA45A) 「ひよこ号」の整備記録やら、なんやかんや。
色やスタイルは非常に好感がもてて、嫁から「ひよこ号」との愛称をもらって、日常の足として大活躍しているのだが。
なんでこんなに鈍足なんだろう?
全くわくわく感がない・アクセルレスポンスが悪すぎる・路上駐車車両をよけるため右に寄るのが恐ろしくなる動力性能。
アチラコチラを見直して「ひよこ号」本来の性能を目一杯引き出して見ようと、昔とった杵柄でアレヤコレヤとやってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)