タイヤの空気圧を管理したいので、英式バルブから米式への変換パーツを使ってみた。

前回タイヤ交換「細身のタイヤ20×1.35(ETRTO:35-406)に交換したら、走りがガラリと変わった。そして、とめどなく湧く次なる構想・・」したのだが、いかんせんチューブをそのまま流用したものだから、バルブが英式のままなので空気圧の管理ができない。
そこで見つけたのが、こんなモノ。

Panaracer(パナレーサー) エアチェックアダプター [2個セット] 2個セット 英式から米式バルブ変換 ACA-2 589円


中身は
結構でかい・・・。(汗)
英式のバルブを抜き取って、変換アダプタをはめるだけです。
ママチャリの定番バルブ英式バルブです。
コレを抜きます。
袋ナットもフランジャーも取外します。
インナーアダプターを差し込みます。
アウターアダプターを手でねじ込んで交換完了。
エアを入れます。
このタイヤのMAXは80PSIです。
空気圧計れました。
80PSIって、タイヤ結構キンキンです。

空気圧を計ったのは、このゲージです。
GIYO(ジーヨ) エアゲージTWINVALVE(米仏兼用GG-05) GG-05 982円

MAX160PSIまで、計ることができます。
英式・米式どちらでもOKです。
空気圧の管理が、できるようになったのは良いのですが。
このアダプター結構デカイし重いです。
存在感も半端ないです。

これなら素直に、仏式バルブのチューブに交換するほうが良かったかも。
でもこれなら、ガソリンスタンドでも、エアが入れられますけどね。

今回の出費
部品
Panaracer(パナレーサー) エアチェックアダプター [2個セット] 2個セット 英式から米式バルブ変換 ACA-2 589円
———————————-
計 589円

工具
GIYO(ジーヨ) エアゲージTWINVALVE(米仏兼用GG-05) GG-05 982円
———————————————–
計 982円

今回の合計 1,571円
トータルの出費 54,283円 (部品 46,586円/工具 7,697円)

黄色のレッツ4(鈍足スクーター)「ひよこ号」で遊ぼう!

鈍足スクーターSUZUKI レッツ4 (UZ50DL2/形式 JBH-CA45A) 「ひよこ号」の整備記録やら、なんやかんや。
色やスタイルは非常に好感がもてて、嫁から「ひよこ号」との愛称をもらって、日常の足として大活躍しているのだが。
なんでこんなに鈍足なんだろう?
全くわくわく感がない・アクセルレスポンスが悪すぎる・路上駐車車両をよけるため右に寄るのが恐ろしくなる動力性能。
アチラコチラを見直して「ひよこ号」本来の性能を目一杯引き出して見ようと、昔とった杵柄でアレヤコレヤとやってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)