チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その3(チェーンの取り付け)

全く前に進まないことに苛々させられる折りたたみ自転車。

まるでカゴの中のハムスターのごとくペダリングしても、子供のナンチャッテATBに置いていかれてしまうのである。

この自転車を普通の自転車並みに走らせるため、長く遠い改良へのイバラの道程が始まったのです。

36Tのチェーンホイールを52Tに換装。
今回はチェーンを装着!!!


既存のチェーン取り外し

既存のチェーンを取り外します。

チェーンの止め方には何種類かあって、今回紹介するのはコネクティングピンとジョイントクリップです。

コネクティングピンで止まっている場合は、チェーンカッターで切ります。
(写真は解りやすいように余ったチェーンを切っています。)

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) BT-15A チェーン カッター TOL17100

P1040173

チェーンカッターのガイドにチェーンを沿わせます。上から見るとこんな感じです。

P1040174

アンプルピンを押していきます。
ぐるぐるとハンドルを回していきます。

P1040178

アンプルピンが押し出されてきました。

P1040180

アンプルピンが抜けました。
外れた方のリンクはピンが無くなってこんな感じでバラバラになります。

P1040181

こんな感じで、完全に抜かずにおけば、再利用することも可能です。
あんまりオススメしませんが。

ジョイントクリップは、チェーンをよく見ると形の違ったリンクがあります。

P1040169

外側のアンプルピンを止める穴が大きくなっています。
ジョイントクリップは、工具無しでチェーンを切ることができます。
ジョイントクリップを中心にして左右5リンク位離れた部分を持ち、ジョイントクリップを内側に曲げるように親指をそえて曲げてやると、ジョイントクリップがパチリと外れます。この時勢い良く飛んだジョイントクリップが行方不明になることがありますので、ジョイントクリップに親指を添えるなど勢い良く飛ばないように注意してください。
ジョイントクリップは、一度外したら再利用はできないので新しいジョイントクリップを用意します。
今回は古いチェーンは再利用しないので、軽くオイルを振って予備部品としてストックしておきます。

新しいチェーンを取り付ける。

今回つけるチェーンです。モノタロウで購入しました、PYC(Made in TAIWAN)のレギュラーチェーン(多段用 1/2X3/32X116L) 389円 (安っつ!!!)

P1040170

シマノ製ですと、シマノ(SHIMANO) チェーン 116リンク 324g 6/7/8ピード対応 CN-HG40 又は シマノ(SHIMANO) HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71 です。

シマノ(SHIMANO) チェーン 116リンク 324g 6/7/8ピード対応 CN-HG40

シマノ(SHIMANO) HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71

チェーンの長さはディレイラーを通さずに、フロントとリア共に最大ギアにかけた状態から2リンク加えます。
注意しなければならないのが、コネクティングピンで結合するのと、ジョイントクリップで結合する場合とでは、リンクの切る位置が違ってきます。

コネクティングピンで結合する場合

chain5

結合部がオスメスになるように切ります。

ジョイントクリップで結合する場合

chain6

結合部がメスメスとなるように切ります。

ジョイントクリップによる結合は、モノタロウのサイトに詳しく載せられているので、そちらを参考にしてください。
モノタロウ ジョイントクリップによる結合

コネクティングピンによる結合

シマノコネクティングピン 6/7/8スピードナローチェーン用 3個入り ブラック CN-M732 [Y04598010] 3個入り559円

コネクティングピンをチェーンリンクに通します。

コネクティングピンは先がテーパーになっている方から入れます。
真ん中にスリット(切れ目)がありますが、そこから先は使いませんピンを正しく入れるためのガイドです。
スリットはチェーンを繋いだ後に折るためのに入れられています。

コネクティングピンには、薄くグリスを塗っておくと作業がしやすいです。
この時反対側のからコネクティングピンの頭が出るまで入れます。

ここまでは、手で入れることができます。
そこからは、コネクティングピンに段差がいくつか付いているので手では入りません。

こんな小さな部品なのに高価なのは、結構工作に手間がかかっているからでしょうね。
精度も小さな部品ほど求められますから納得の値段だと思います。

動きが渋くないかコネクティングピンが抜けないように動かします。
この時、動きが渋いようなら抜いてコネクティングピンを挿し直します。

コネクティングピンは、挿し方が悪いと駒の動きが悪くなります。

チェーンカッターのガイドに合わせて、チェーンをセットします。

P1040186

コネクティングピンを押し込んでいきます。
コネクティングピンのスリットが反対側に出てくると、「コクン」とした手応えがあります。

P1040188

チェーンカッターを外して、ペンチでコネクティングピンの先端を折ります。

P1040189
P1040190

これで、チェーンの交換が終わりました。

IMG_20160721_073240

じゃん!!
早速試乗です

おぉ~ 今までのカメカメ折りたたみ自転車がウソのようです。

こんなスピードで走っている、折りたたみ自転車はじめてです。
大げさではなく、異次元の走りです。
あれほど乗るのが嫌だった、カメカメ折りたたみ自転車だったのに、近所の買い物に足を伸ばしたくなります。
「すごい、すごい」と、はしゃいでいたのですが、スピードが出せることで新たな欠点が、むくむくと現れてきました。

ブレーキが効かねぇー!!

はぁ・・・。


今回の出費

部品
レギュラーチェーン(1/2×3/32×116L) 389円
シマノコネクティングピン 6/7/8スピードナローチェーン用 3個入り ブラック CN-M732 [Y04598010] 559円
———————————-
計 948円

今回の合計 948円

トータルの出費 9,245円 (部品 6,162円/工具 3,083円)

まだまだ、かかりそう・・・。

オンライン英会話レッスン

チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その3(チェーンの取り付け)” に対して4件のコメントがあります。

  1. hooray より:

    大変お世話になっております‥
    このコーナー見て、最近買った折りたたみ自転車のクランクギアを交換したくなりました。
    今ついているギアを46T→53Tにするぞぉ!
    メーカー(マイパラス)に問い合わせたら「保証が効かなくなるけど、52Tは実証有り」との回答で自信が付いた(笑)
    そう決めると居ても立っても居られなくなり、連休前に注文した部品が今日着いたので早速作業開始…
    10時からこのコーナーの通りに作業進めて12時ジャストに完成!
    いやあ、こんなにスムーズに改造出来て感激!
    恐らく、今後も次々と改造して行くんじゃないかな、って気がします。
    ともかく、感謝申し上げます。
    今後共宜しくお願い申し上げます。

    1. zombie より:

      お役に立てて、非常に嬉しい限りです。
      折りたたみ自転車の沼は深いですから、あまり深入りされないように。
      ほどほどが大切ですよ、自転車も大切にしてくださいね。
      吾唯足知

      1. hooray より:

        返信有り難うございます。

        今日、又此方を訪問したら… なんと53Tのクランクギア、同じ物でした!
        ビックリ、でもなかなか良いものですよね、私も気に入っています。

        しかし…
        zombieさんご指摘の通り、クランクだけで止まるもんじゃ御座いませんね。

        後の顛末は最新記事に場所を移してお話申し上げます。笑)

        1. zombie より:

          Hoorayさん、安売り折りたたみ自転車の沼へようこそ。笑)

          Hoorayさんも、JNPのチェーンホイールに交換されていたのですね。
          なんだか、JNPに批判的な記事を書いているので、お気を悪くされているのでないかと心配です。
          多分ですが、リアスプロケット14T位までなら、強度的に大丈夫だと思うのですが、
          私はトップ11Tにしてあるので、チェーンホイールにかかる負担が14Tに比べて大きくなっています。
          そうなってくると、このチェーンホイールはちょっとばかり華奢かなと思います。

          これからは、ちょっと個人的趣味に走ってしまって、あまり一般的じゃない記事になってしまいそうですが、これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)