ブレーキ強化計画始動!! (ブレーキレバーをVブレーキ用 「シマノ BL-T4000」からキャリパーブレーキ対応「シマノ BL-2400」へ交換編)

さあ安売り折りたたみ自転車いじりも総仕上げの段階に入ってきました。
さて今回は、安さにつられて購入したが実はVブレーキ用だったブレーキレバー(シマノ ブレーキレバー 左右セット ケーブル付 BL-T4000 ブラック 1,745円)を交換します。
Vブレーキ用ブレーキレバーをセットしてしまったおバカな件、詳しくは「樹脂製グニャグニャブレーキレバーを交換。(失敗編)」にて。
さて交換するのは、シマノ BL-2400 左右セット ブレーキケーブル付 BL-2400 \2,209+送料\500

シマノコンポーネント Claris のブレーキレバーです。
箱の対応ブレーキにはキャリパーブレーキも、ちゃんと描かれています。
じゃん!!
ワイヤー類も付いてきます。
ワイヤ類は、前回ブレーキレバーを交換した時に交換したので、今回はワイヤー類はそのまま使います。
シマノ BL-2400は、Vブレーキにもキャリパーブレーキにも対応しています。
まぁ、あんまり切り替えて使う機会はそんなになさそうですが。
Vブレーキからキャリパーブレーキへの変更はありそうだけど、逆は台座の問題があるからほとんど無いかと。
ブレーキの種類に関係なく使えるというのは、自転車を組む側としてはありがたいですね、取り敢えずこのレバーを選択しておけば間違いないですから。


シマノBL-2400 Clarisに交換しましたが、後日Amazonをチェックすると値段が高くなっていてBL-R3000 SORAの方が安くなっていましたので、そちらのリンクを張っておきますね。
BL-R3000もキャリパーブレーキ対応ですので、バーハンドルにキャリパーブレーキの組み合わせでしたら、選択肢に入りますね。
SHIMANO(シマノ) ブレーキレバー BL-R3000 左右レバーセット SORA(ソラ) EBLR3000PA 2,780円

他にもSHIMANO(シマノ) フラットバーシリーズ ブレーキレバー BL-R550 3,069円 等が使えそうです。

SHIMANO(シマノ) フラットバーシリーズ ブレーキレバー BL-R550-S シルバー
  • シマノ(SHIMANO)
  • 価格   ¥ 2,175 ¥ 2,470
  • 販売者  バイク用品の達人
Amazonで、今すぐチェック

Vブレーキとキャリパーブレーキの切り替えは、レバーのワイヤー受けの位置を変えることで対応しています。
初期状態でキャリパーブレーキの位置でセットされていました。
Vブレーキに切り替えるには、プラスチック部品の裏側のネジを外せばプラスチック部品が外れるので、ワイヤー受けを「V」の位置に移してプラスチック部品を取り付ければ切り替えることができます。

ハンドルグリップを外して現行のブレーキレバー(シマノ BL-T4000)を取外します。
前後ブレーキのワイヤーを緩めます。
レバーからワイヤーを外します。
レバーを外します。
シマノ BL-T4000シマノ BL-2400との比較です。
ワイヤー受けの位置の違いがわかります。
取り付けは逆の手順で行います。
前後ブレーキワイヤーの締め付けをして、ハンドルグリップを取り付けて完成。
遊びと左右シューの当たりを調整して完成。
おぉ~!
ブレーキのタッチが自然だ~。
ブレーキが本来の仕事しています。
Vブレーキ用レバー(シマノ BL-T4000)でキャリパーブレーキを引くと、ONとOFFな感じで重いスイッチを握っている感覚だったのですが、キャリパーブレーキ対応(シマノ BL-2400)だと、ボリュームのように弱から強まで細かいコントロールができますし、操作が軽いので疲れません。
バンドブレーキから換装されたキャリパーブレーキも、きっちり仕事してくれて、しっかりとリアタイヤをロックしてくれます。
もう少し前ブレーキが効いてくれるとベストなのですが、アーチの長いブレーキなのでコレ以上は無理でしょうし、今以上に効くとブレーキコントロールが難しくなりそうですね。
レースで下り坂で競り合うわけでもないので、タウンユースではコレで良しとします。
やっとブレーキ問題から開放されました。


ブレーキ強化計画始動!! リアバンドブレーキをキャリパーブレーキ化してみよう。(部品調達編)
ブレーキ強化計画始動!! リアバンドブレーキをキャリパーブレーキ化してみよう。(フロントシュー交換編)
ブレーキ強化計画始動!! リアバンドブレーキをキャリパーブレーキ化してみよう。(リア、キャリパーブレーキ化編)
ブレーキ強化計画始動!! ブレーキレバーをVブレーキ用 「シマノ BL-T4000」からキャリパーブレーキ対応「シマノ BL-2400」へ交換編)


オマケ
雨に濡れればオシャカ確実な100均LEDを前照灯として取り付け。
100均の「ショートランチャー9LED」なるものをダイソーにて発見。
魅力的なコピー「小さばボディで抜群の明るさ」につられて買っちゃいました。
クロモリロードに付けていた、ラバー ライトマウント【23-28mm】 LED フラッシュライト 自転車 取付用 \60 (安いが中国からの郵便で届くまでに2週間もかかる。)を利用してハンドルへ取り付けます。


はめてみるとピッタリです。
ぜぇ~ったい防水性ないから、一雨でダメになると思うけど、どうでしょう?
肝心の明るさは昼間なのでわかりません。
追記:夜LEDだけで走ってみましたが、暗い照射範囲が狭いで、これだけで走るのは危険でした。(当たり前か・・・。)
ボツですね。

今回の出費
部品
シマノ BL-2400 左右セット ブレーキケーブル付 BL-2400 2,209円+送料500円=2,709円
ラバー ライトマウント【23-28mm】 LED フラッシュライト 自転車 取付用 60円
ダイソー ショートランチャー9LED 108円
———————————-
計 2,877円

工具
0円
———————————————–
計 0円

今回の合計 2,877円
トータルの出費 43,456円 (部品 36,741円/工具 6,715円)

 

黄色のレッツ4(鈍足スクーター)「ひよこ号」で遊ぼう!

鈍足スクーターSUZUKI レッツ4 (UZ50DL2/形式 JBH-CA45A) 「ひよこ号」の整備記録やら、なんやかんや。
色やスタイルは非常に好感がもてて、嫁から「ひよこ号」との愛称をもらって、日常の足として大活躍しているのだが。
なんでこんなに鈍足なんだろう?
全くわくわく感がない・アクセルレスポンスが悪すぎる・路上駐車車両をよけるため右に寄るのが恐ろしくなる動力性能。
アチラコチラを見直して「ひよこ号」本来の性能を目一杯引き出して見ようと、昔とった杵柄でアレヤコレヤとやってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)