チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その1(準備編)

この折りたたみ自転車に乗っていると、全く前に進まないことに苛々させられる。
まるでカゴの中のハムスターのごとくペダリングしても、子供のナンチャッテATBに置いていかれてしまうのである。
この自転車を普通の自転車並みに走らせるためには、小野田坂道(弱虫ペダル)並のケイデンスを稼がなければなりません。
当然ロードの前傾姿勢が、贅肉によって厳しくなってきている中年の親父にとっては、実現不可能な話です。

この折りたたみ自転車のチェーンホイール(ペダルのところについているチェーンを回すためのギア)は36T(36Tとはギヤの歯数が36個あるという意味です。)のものがつけられていました。
(写真下の銀色が元々付いていた36Tで、上の黒いのが今回交換した52T)
P1040101
リアのギアが一番大きなものが28Tでしたからギヤ比はなんと1.29です。
(リアのホイールがオイルまみれなのは、長男がパンク修理に自転車屋に持って行ったら、チェーンのオイル漬け状態にされてタイヤから泥除けまでオイルが飛び散ってしまったからです。今だにチェーンはオイル漬けにしないといけないという古い考えの人がいるんですね。こんな人が自転車安全整備士を名乗っているのですからホント勘弁して欲しいですわ)
IMG_20160721_073429
ペダルを1回転させると後輪が1.29回しか回らないのです。
この折りたたみ自転車に装着されているタイヤサイズは20×1.75 ETRTO 47-406ですので、タイヤの周長は152cm(CAT EYE タイヤ周長ガイド参照)ですので、1回転で152cmX1.29回=196.08cmとなり2mも進めないわけです・・・。
大体チェーンホイールが36Tで28Tのリアギアなんて、どんな激坂を登るつもりなんじゃいて話で。
そもそもギアの設定がおかし過ぎるのです、普通の平地を走っていたらリアは一番小さな14T(2.57)以外は使うことがまずない。
3速以下なんて使ったこともないし、この自転車で奈良と大阪の県境の暗峠にアタックすることもない。
ですので、チェーンホイールを大きなギヤ数のものに交換します。

まず、商品ラインナップが”怪しい”、いやいや”素晴らしい”DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)さんの、DOPPELGANGER 52T大径チェーンホイールセット 16インチ~700c対応 [四角テーパー170mmクランク付属] DCW-S52M 1,872円(1,400g クランク長170mm)に、交換します。

ドッペルさんのチェーンホイールには、他にもアルミクランクのついた、DOPPELGANGER 52T大径チェーンホイールセット歯数:52T クランク長:170mm DC-52M 3,108円(845g クランク長170mm)

 

53TのアルミクランクのチェーンホイールをAmazonで見つけました。
AKI WORLD(アキワールド) 53T鍛造クランク一体式チェーンリング BLACK NE-CS-001

ロゴも入ってなくてシンプルですし、53Tとちょっとだけ大きいのもありですね。

45T~58Tまで選べるアルミ製チェーンホイール
53T 4,599円・56T 4,899円・58T 5,299円
値段の割に高級感があって、次に交換する機会があれば、これの58Tを選びますね。
ギア単体での販売もしているようです。
JNP 45T 47T 53T 56T 58T 航空アルミニウム超軽量折りたたみ自転車クランクセットクランク長:170mm

アルミ製チェーンホイール取り付けると、中華部品のアラがどんどん見えてきた。

色々な歯数のチェーンホイールに変えられる、大口径の60Tのチェーンホイール、DOPPELGANGER 60T大径チェーンホイールセット 20インチ~700c対応 軽量アルミ製 865g [四角テーパー170mmクランク付属] DC-7 9,621円(865g クランク長170mm)、これは大きすぎてチェーンラインがシビアになりそうですし、チェーンホイールだけで本体価格を上回るのでこれはないかな。

まぁ元々が激重鉄フレームの折りたたみ自転車ですから、600g位の軽量化は全く意味が無いと思わるので、男は黙って「鉄ちんクランク」を選択します。
これで計算上は1速(14T)がギヤ比2.57(1回転で390cm進む)から3.71(1回転で564cm進む)へ、6速(28T)が1.29から1.86となんとか使用範囲内に収まりまそうです。

但し、小径自転車はチェーンホイールとリアギアまでの距離が短いので、チェーンホイールを変えた場合のチェーンラインの変化が大きくなりますので、あまり大きなチェーンホイールに変えると、ギアチェンジした時にチェーンが外れる等のトラブルが起きやすくなりますので、注意が必要です。

chain2

チェーンホイールが大きくなると、矢印の部分のチェーンの角度が、小さくなるのでチェーンラインがシビアになる。

小径車は前後のギア間が短いので影響を受けやすい。

小径車は前後のギア間が短いので影響を受けやすい。

チェーンホイールが大口径となるので、チェーンの張替えは必須となります。
試しにチェーンを張替えずにチェーンホイールを交換しましたら、3速までしかチェンジできませんでした。(真似しないように危険です!!)
最悪チェーン切れやリアディレイラー(変速機)の故障などが発生しますので、必ず適正な長さのチェーンと交換してください。

今回使用したチェーンは前回の前カゴとLEDライトの取付時にモノタロウにて注文した、「大阪魂」レギュラーチェーン(1/2×3/32×116L) 389円(安っつ!!!)です。
ジョイントクリップも付属しています。(これをはめるのは少々コツが必要です。)
P1040170

これなら、メーカー製チェーンの1/2から1/3の価格です。チェーンは伸びるし、フルカバーのチェーンカバーでもない限りゴミやホコリが付着して動きが渋くなります。良いチェーンを何年も使い続けるよりも、安いチェーンを1~2年で新品交換するほうが、チェーンクリーナー等を買うよりも経済的だし動きも良くなります。
チェーンホイールを交換するならチェーンカッターも購入するのですから、チェーンカッターの有効利用にもなりますしね。

チェーンの長さは適正な長さにしないといけません、そのために必要なのがチェーンカッター(GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) BT-15A チェーン カッター 1,034円)です。
モノタロウでは 379円 のチェーンカッターがありますがこれはシングルチェーン用(変速機のない自転車のチェーン)ですので、買われるのならチェーンカッター(6・7・8・9・10段用) 678円 のものを購入してください。

「チェーンカッター」という、ちょっと昔のヒーローの必殺技のような仰々しい名前ですが、別にチェーンを派手にブチリと切るわけではなく、チェーンのリンクのピン(アンプルピン)をグリグリと地味に押出す工具です。

chain4chain1チェーンカッターを使っているところの写真を撮ろうと思ったのですが、なかなか一人では撮ることができないのでまたの機会に、イラストで失礼します。


今回の出費
部品
DOPPELGANGER 52T大径チェーンホイールセット 16インチ~700c対応 [四角テーパー170mmクランク付属] DCW-S52M 1,872円
———————————-
計 1,872円

工具
GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) BT-15A チェーン カッター 1,034円
———————————————–
計 1,034円

今回の合計 2,906円

トータルの出費 7,648円 (部品 5,214円/工具 2,434円)
限りなく本体価格に近づいている・・・。

黄色のレッツ4(鈍足スクーター)「ひよこ号」で遊ぼう!

鈍足スクーターSUZUKI レッツ4 (UZ50DL2/形式 JBH-CA45A) 「ひよこ号」の整備記録やら、なんやかんや。
色やスタイルは非常に好感がもてて、嫁から「ひよこ号」との愛称をもらって、日常の足として大活躍しているのだが。
なんでこんなに鈍足なんだろう?
全くわくわく感がない・アクセルレスポンスが悪すぎる・路上駐車車両をよけるため右に寄るのが恐ろしくなる動力性能。
アチラコチラを見直して「ひよこ号」本来の性能を目一杯引き出して見ようと、昔とった杵柄でアレヤコレヤとやってみました。

チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その1(準備編)” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター ajisai_20071111 より:

    娘の自転車を通勤で使おうと計画しましたが、ママチャリで一時間半の道のり、なんと2時間かかりました。
    小径自転車を高速改造しようとネットで検索していたところ、ここに辿りつきました。
    掲載した情報はとても参考に、助かりました
    ありがとうございました

    1. zombie zombie より:

      少しでもお役に立てて良かったです。

  2. アバター TARO-BOY より:

    我が10年選手の折り畳み自転車をメンテナンスで情報を探していたらここにたどり着きました。
    フロントギヤの山は削れ、変速時にはチェーンはずれ。
    BBからはペキペキと異音。保持器の分解か球がかじっているかな?

    BBのハンガーリテーナーが良く解らないです。
    1/4インチだの9球とか11球とか、分解してから購入すれば良いだけですが。
    フロントギヤの48T以上にしたいのですが、Wガードの内側がフレームに当たらないか心配です。
    当たったら内側のガードを外してナット止めでしょうが。

    折り畳み自転車購入で失敗したことは、
    20×1.75のタイヤは太いので、走行抵抗が多いことを購入後に気が付いた。

    BBのとこの穴は、水抜き穴ですよ。
    スプレーグリースのパイプを曲げて吹き込むのに通合が良いですね。

    三ヶ島製作所は、所沢なんで仕事上の通り道で工場前を良く通過していました。

    1. zombie zombie より:

      TARO-BOYさん、コメントありがとうございます。
      BBは不具合が出たら、カートリッジ式に交換する事をおすすめします。
      あの穴は水抜き穴だったのですね、ハンガー内の結露した水分が逃げる場所がないですからね。
      タイヤは20×1.35をリムもチューブもそのままで、タイヤだけ入れ替えていますが今のところ問題なしです。
      乗り心地は振動が多くなりましたが非常に快適です。
      但し、この振動が嵌合部のあるフレームにどんな影響があるかは未知数ですが。
      三ヶ島製作所さんの工場一度訪れてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)