ディレイラーをTOURNEY RD-TZ50からALTUS(RD-M310)に変えたら、変速が凄くスムーズになりました。

前回7速化「DNP SHIMANO互換ボスフリー(7速 11-28T)で7速化にチャレンジしてみたら、結構めんどくさかったけど、効果は抜群快適走行になりました。(7速化編)」したですが、ディレイラーをシマノ「TOURNEY RD-TZ50」のまま使っていたのですが、変速は問題なくできるのですが、どれだけ調整してみてもスムーズに変速できませんでした。
シフトアップダウン共に一呼吸おいて変速します。
このままでも、実用上問題ないのですが、モッタリ感が我慢できなくてディレイラーを、シマノ リアディレイラー ALTUS 7/8スピード直付タイプ RD-M310-L ブラック ERDM310DL 1,800円に交換することにしました。

ハンガーも必要なので、SENQI 自転車ディレーラーハンガー 27スピード 一個 鉄製 680円も一緒に購入します。


ディレイラーにハンガーを取り付けます。
締付けトルクは8~10N・m
取り付けは「SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」を参考にしました。

TOURNEY RD-TZ50を取り外します。
チェーンを取り外します。

チェーンの取り外しは「チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その2(チェーンホイール交換編)」を参考にしてください。

ワイヤーを取り外します。
作業がやりやすいように、リアホイールを取り外します。
取り外したディレイラー(TOURNEY RD-TZ50)と、これから取り付ける(ALTUS RD-M310)です。
ALTUSはスマートゲージですので、大きなプーリーギアがついています。
サクサクっと、ALTUS RD-M310を取り付けていきます。
おっ、なんかカッコイイぞ。
リアホイールを取り付けて、ストローク(可動範囲)を調整します。
ストローク調整は、調整ボルトでおこないます。
トップ側を調整します。
ディレイラーのプーリーが、トップギアの外側まで移動する場合は、Hの刻印のある調整ボルトを、時計回りに締め込みます。
逆にディレイラーのプーリーが、トップギアの内側までしか移動しない場合は、Hの刻印のある調整ボルトを、反時計回りに緩めます。
次にロー側を調整します。
ディレイラーのプーリーが、ローギアの外側まで移動する場合は、Lの刻印のある調整ボルトを、時計回りに締め込みます。
逆にディレイラーのプーリーが、ローギアの内側までしか移動しない場合は、Lの刻印のある調整ボルトを、反時計回りに緩めます。
ストローク調整が終わったら、ワイヤーとチェーン掛けて、SIS(変速)の調整をします。

チェーンの取り付けは「チェーンホイール交換(36Tから52Tへ) その3(チェーンの取り付け)」を参考にしてください。

「SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」では、
”シフティングレバーを数回操作してチェーンを最小スプロケットから2段目のギアに変速して、シフティングレバーをレバーの遊び分だけ操作した状態でチェーンが最小スプロケットから3段目に接触し、音鳴りする状態がベストセッティングです。”
となっているのですが、”レバーの遊び分だけ操作”が非常に曖昧で微妙なので。

自己流のディレイラー調整方法です。
シフトダウン(7速から1速)が、スムーズにできるまで、ワイヤーアジャスターを1/2回転ずつ反時計回りに回します(ワイヤーを張る)。
シフトダウンがスムーズにできるようになれば、シフトアップ(1速から7速)が、スムーズにできるまで、ワイヤーアジャスターを1/4回転ずつ時計回りに回します(ワイヤーを緩める)。
シフトダウンがスムーズにできるようになれば、再度シフトアップがスムーズにできるようになるまで1/4回転ずつ調整します。
これを繰り返して、微調整します。

シフトダウンがスムーズにできるないときは、ワイヤーを張る。
シフトアップがスムーズにできるないときは、ワイヤーを緩める。
だいたいこんな感じで調整すれば、うまくできると思います。

交換後の変速は、驚くほどスムーズになりました。
TOURNEY RD-TZ50が「ガチャガチャ~カシャン」なら、ALTUS RD-M310は「カシャ」と小気味よく変速します。

ただ、付いていたTOURNEY RD-TZ50は、取り付け部分に傷がついてサビもでているので、長男がどこかで当てている可能性もあるので、完璧な状態でないかもしれません。

リアディレイラーがGIOSミストラスと同じになりました。

今回の出費
部品
シマノ リアディレイラー ALTUS 7/8スピード直付タイプ RD-M310-L ブラック ERDM310DL 1,800円
SENQI 自転車ディレーラーハンガー 27スピード 一個 鉄製 680円
———————————-
計 2,480円

工具
0円
———————————————–
計 0円

今回の合計 2,480円
トータルの出費 56,763円 (部品 49,066円/工具 7,697円)

黄色のレッツ4(鈍足スクーター)「ひよこ号」で遊ぼう!

鈍足スクーターSUZUKI レッツ4 (UZ50DL2/形式 JBH-CA45A) 「ひよこ号」の整備記録やら、なんやかんや。
色やスタイルは非常に好感がもてて、嫁から「ひよこ号」との愛称をもらって、日常の足として大活躍しているのだが。
なんでこんなに鈍足なんだろう?
全くわくわく感がない・アクセルレスポンスが悪すぎる・路上駐車車両をよけるため右に寄るのが恐ろしくなる動力性能。
アチラコチラを見直して「ひよこ号」本来の性能を目一杯引き出して見ようと、昔とった杵柄でアレヤコレヤとやってみました。

ディレイラーをTOURNEY RD-TZ50からALTUS(RD-M310)に変えたら、変速が凄くスムーズになりました。” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター たくみ より:

    こんにちは
    僕もDNPの同じスプロケットを使い
    同じディレイラーを使用して
    7速化したのですが
    1速に入りません
    あと少しカリカリとおとなりがしています
    どうすればいいでしょう
    スプロケットが干渉する問題は潰しています
    僕はまだ中学生で知識が浅いです
    どうかよろしくお願いします
    乱文失礼致しました

    1. zombie zombie より:

      こんにちは、返信が遅くなって申し訳ございません。
      多分ストローク調整が上手くできてないのではないでしょうか。
      シフターワイヤーを緩めた状態で手でディレイラーを押して、ディレイラーのプーリーギアが1速の位置まで移動できるか確認してください。
      ディレイラーがギアの位置まできていないようなら、ディレーラーのLの刻印のあるボルトで調整してください。
      (「SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」15ページを参照してください。)
      ストローク調整が上手くいっているのであれば、SISの調整でうまくいくはずです。
      (「SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」22ページを参照してください。)
      1速はシフトワイヤー引っ張り側になるので、シフトワイヤーを固定するときにシフターを7速にして、ワイヤーが緩んだ状態にしてペンチ等でたるみを取るように引っ張りながらワイヤーを固定すると解決するかもしれません。(アウターケーブルが正しい位置に入っていることも確認しましょう。)
      それでもうまくいかない場合は、Bテンションアジャストボルトで、スプロケットとガイドプーリーの距離を調整してみてください。
      この距離が近すぎると、スムーズな変速ができなくなります。
      (「SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」21ページを参照してください。)
      SHIMANO ディーラーマニュアル 基本作業書」には、調整方法等自転車整備に必要な知識がいっぱい詰まっていますので、失敗を恐れずに参考にして試行錯誤をしながら理解を深めてください。
      スプロケット交換という、結構ハードルの高い事を中学生でできてしまう事に驚いています。
      ここまでくれば、ゴールまであと少しです。
      根気よく調整してみてください、必ずできるはずです。
      頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)